love accessories

 

 

アクセサリーお手入れ

お気に入りのアクセサリーを長持ちさせるにはお手入れが大切です。ここでは代表的なシルバーとゴールドについてご紹介します。

アイコン シルバーのお手入れ
アイコン ゴールドのお手入れ
アイコン 注意点

 

シルバーのお手入れ

シルバーとは?

銀色の光沢があり、アクセサリーやデュポンライターに良く使われる金属です。 いろいろな加工ができるため、デザイン性に富んだアイテムが若い人々に人気があります。

一般的に、アクセサリーでよく使われているのはシルバー925という素材です。
925とは、純シルバーを表す数値1000に対しての、シルバー含有比率をあらわす値です。

しばらく使わずにいたシルバー・アクセサリーを久し振りに取り出してみたら変色していたり、くすんでいたということはありませんか?

汗ばむ時期、ずっと身に着けっぱなしだったシルバーをふと見ると、黄ばんでいたり、ひどい場合は真っ黒!ということがありますよね。シルバーは、時間が経つと空気と反応して大なり小なり黒ずんできます。それがシルバーの証でもあります。

これは、シルバーが空気中の硫黄成分と化学反応をおこして、硫化した為に起こる現象です。
ただし、この硫化はアクセサリーの表面だけのものであって、シルバー専用のクロスで磨くだけでも輝きはかなり復活します。

この様なシルバー専用クロスがお手元にない場合には、柔らかめの布で乾拭きしてみて下さい。
(シルバー専用の洗浄液なども市販されていますが、硬度の低い柔らかめの宝石や半貴石などがあしらわれているアクセサリーに関しては、石自体が変質・ひび割れなどを生じることもありますので、ご利用の際はご注意下さい。)パーツがついたアクセサリーはパーツが取れたり外れたりすることのないよう細心の注意を払ってください。

また毎日のように頻繁に身に着けていると、日常生活の上で様々な物と触れ合うために変色し(くすみ)難いです。

たまにしかお使いにならないシルバー・アクセサリーなどの場合は、空気と触れ難いような箱やチャック付ビニール袋などに入れて保管しておくと、輝きが長持ちしますよ。

一日の終わりには、なるべく外して、柔らかい布などで汗をふき取る!これだけでもシルバーの硫化を遅らせるには、効果がありますよ♪女性の方はアクセサリーを身につけるのは、メイクアップが済んでから!クリームや日焼け止め、化粧品も変色の原因になる場合があります。

アイコンTOPへアイコン

 

ゴールドのお手入れ

ゴールドとは?
金色、黄金色の光沢ある金属のことで一般的にイエローゴールドを指します。柔らかく加工しやすく高価な素材です。

K24と表記される純金は柔らかすぎるため傷がついたり変形しやすくなっています。
ジュエリーによく使われるK18は、K24の純金に比べて、金の割合が24分の18(約75%)となり、残りの25%はシルバー等他金属素材を含むため、K24に比べて硬く丈夫になります。

また、金以外の含有金属を何にするかで色を変えることができ、イエローゴールドの他に、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなどがあります。

シルバー等に比べて比較的ゴールドは変化しにくい素材です。
ただ、純金(K24)はやわらかいため、硬いものにぶつけたりふんだりすると、傷がついたり変形する場合もあります。

特に注意してお手入れする必要はないので、汚れがついたら、やわらかい布で拭いてあげれば大丈夫です。
専用のクリーナーもあるので、汚れが気になる場合は、そちらを使ってください。

アイコンTOPへアイコン

 

注意点

日常的な空気中での硫化、汗による硫化のほかにも、日常生活の中で、うっかり!ということがありますよね。

温泉や、硫黄入りの入浴剤を使う時は外しておかないと真っ黒になりますので要注意。

それから、美容院や自宅でのパーマやカラーリングの際もアクセサリーは外してください。 プールの塩素や、海水にも注意!とにかく「薬品っぽいものは避ける」と覚えたほうが無難です。

トルコ石などの不透明な石や琥珀(アンバー)などの柔らかめの石を使用したアクセサリーの場合、洗浄液の使用は避け、磨き用クロスか柔らかめの布でお手入れをして下さい。「これだけでは汚れが落ちない・・・」という際には、水か35℃以下のぬるま湯でサッと洗って下さい。洗い終わった後には充分に水気を拭き取って乾かして下さいね。

Favorite

ドッグウェアはこちら

Last update:2017/9/14

アイコンTOPへアイコン

 

 

 

topics

アイコン home
アイコン アクセサリーの歴史
アイコン アクセサリーの選び方

アイコン アクセサリーの お手入れ

アイコン スマートフォンアクセサリーの種類

 

 

Copyrightc2008