love accessories

 

 

アクセサリーの選び方

アイコン ネックレス
アイコン ペンダント
アイコン 指輪
アイコン ピアス・イヤリング
アイコン ブレスレット
アイコン ブローチ
アイコン アンクレット

 

ネックレス

日本人の場合には、着けっぱなしでいつも同じ物をしている人も多いですが、やっぱり、いろいろなものを場や雰囲気に合わせて着けかえる方がほんとのおしゃれさんだと思います。

首の長さや太さによって、同じデザインのネックレスやペンダントでも、装着した時の見た目の印象が変わってきます。

太くて短い首の方は短めの長さを選ぶときゅうくつな印象になってしまいます。首元をすっきり見せるためには首回りに余裕のある長さがいいと思います★

長くて細い首の方は比較的どの様な長さでもバランスが取れます。 逆に貧弱に見えないように、ボリュームの出し方でバランスを取るようにしましょう。

広い襟の開いた洋服に長いネックレスはだらしなく感じるものもあります。ハデ目のネックレスを付けた場合に は、周辺のアクセサリーが死んでしまいます。

バランスを考えて小さめネックレスとおおぶりネックレスを組み合わせるのもステキアイコン

スパンコールのキラキラ・ぎらぎらなどの洋服なども戦ってしまうので、シンプルな洋服に対してハデ目のネックレスが似合うと思います。

アイコンTOPへアイコン

 

ペンダント

なにかもの足りない洋服の場合に、ペンダントは洋服の一部としての演出をしてくれます。

ペンダントは、小さなものをつけると上品に、またはかわいく、大きなものをつけるとゴージャスに見せることができます。

でも、そのつけるもののセンスによっては逆に台無しにしてしまうこともあります。

ネックレスの場合には、その全体でボリューム感が決まりますが、ペンダントの場合には、チェーン自体のボリュームは無いのが普通です。

ペンダントヘッドだけで考えれば良いので、ブローチと同じように、手で洋服に当てて鏡で見れば簡単にわかります。

また、チェーンの長さが長いのに大きなペンダントヘッドをつけているとだらしなく感じたり、チェーンが短いのにあまりにも小さなヘッドをつけると、きゅうくつに見えたりします。

当たり前のことですが、全体のカラーとペンダントのカラーを考える必要もあります。

いつも同じペンダントをつけていると、この条件は無視していることになるので、やっぱりここに気を使いたいものです。またブローチと一緒につけるのは、戦う可能性があるので注意が必要です。

アジアン雑貨やさんなどでよくペンダントトップだけで売ってますよね。

チェーンを太めにしたり、皮ひもにかえたり、いろいろ変化を楽しめますアイコン

アイコンTOPへアイコン

指輪

リング選びは手、指とのバランスが大事です。 自分の手にコンプレックスを持っている人もいると思います。 リングの形やボリュームなどでバランスを取れば、欠点をカバーし、指先をきれいに美しく見せることもできますよ。

指の関節が太めの方はインパクトのあるリングやボリュームのあるデザインのリングなどを選ぶのがポイント。ゴツゴツした印象が気にならなくなります。

短く太めの指は可愛らしい印象を与えます。スッキリとみせるには指の横のラインが強調されるタイプではなく、縦のラインが強調されるタイプがおススメ。

ふくよかで長い指は大人っぽい印象を与えます。 このタイプの指の方はボリュームのある個性的なデザインのリングが似合います。

特に縦のラインが強調されているデザインのリングは指が細く見えるのでおススメ。リングと指のバランスを大切にしてください。

細い指の人は色々なデザインを楽しむことが出来ますが、指の短さが気になる場合は、腕のラインに変化のあるものや、V字型等の指を長く見せる効果のあるものを選ぶといいと思います。

細くて長い指の方はどんなデザインのリングでも似合います。 ファッションに合わせて色々なデザインのリングを楽しんで下さい!

個性的なデザインのリングにもどんどんチャレンジしてみてくださいねアイコン

かうときに自分が気にいることが一番ですが、周りの店員や友人に意見を聞いてみることも大切かもしれません。

アイコンTOPへアイコン

 

ピアス・イヤリング

アイコン

ピアスを選ぶときに顔の形を基準に選ぶ人と自分にぴったりのものが選べます。 顔のアウトライン、ボリュームを考えて選びましょう。しかし必ずしもボリューム=大きさではありません。

アクセサリーの大きさは、あなたの顔のボリュームではなく、年齢やトータルファッションとしてのバランス、TPOによって決まってきます。

ピアスと同様タイプは非常に多いので、顔に対して重く感じるようなデザインや色は注意しましょう。

髪をUPした場合には、耳が見えますからピアスのアピール度はさらにUPします。 その場合には、どれぐらい目立たせるかによって、色や形を調整するのが普通です。

気軽にいつもどんな場所でも着けられるピアスだからこそ 自然と自分の個性と主張が生まれますよね。

例えば朝、鏡を見て「今日はなんだか顔色がさえない」と思う時は赤のピアスを身に着ければそれだけで印象がぐっと明るくなりますよ。

ゆらゆらピアスは女っぽいイメージになりますよね。色や石、デザイン、ほんとにいろんな種類で遊べます。

ピアスは顔のイメージ、その人の印象も変えてくれものなので、慎重にTPOに合わせて選んでください。

アイコンTOPへアイコン

 

 

ブレスレット

人と違ったファッションのポイントとなるのがブレスレットではないでしょうか。

誰もがいつも身に着けるアクセサリーではないのでそのPR度は高いと思います。おしゃれなブレスレットをつけている人はだいたい洋服もおしゃれですよアイコン

きついブレスレッドをつけると手首が太く見えたり、ゆるいものをつけると落としたりとなにかと不便。

自分に合うサイズを調べるにはメジャーやテープなどを使って手首のいちばん細い位置を測ってください。

細いブレスレットの場合は、その長さに3cmほど足した長さがちょうど良いサイズと言われています。

細い金属や皮ひもを使ったブレスレットであれば女性の場合は17cmというデータがありますが色々です。

アジャスタブルのものであれば誰でもつけることができます。

また選ぶポイントとしては見た目に重過ぎないことや、腕時計を付ける腕と反対の手に付ける場合にそのバランスなども考えた方 がいいとかも。

アイコンTOPへアイコン

 

ブローチ

ブローチは原則として顔のアウトライン、ボリュームに合わせましょう。

胸ポケットや襟の下のほうにつけた場合や ウエストにベルト代わりに巻きつけたネックレスなど、 身につける位置が顔から遠い場合には体型を考えて選ぶことも大切です。

また、着けるドレス素材によっては、下を向いてしまったり影をつくることもありますので、必ず鏡を見てから出かけるようにしましょう。

ブローチを付けるときは、比較的シンプルな素材の洋服などのワンポイントとして使うと失敗が少ないと思います。

花柄などのプリント地にブローチはお互いの印象を悪くする場合があります。縦縞に横縞の組み合わせと一緒です。

また、大柄のブローチはその特徴が目につきますから、アピールには良いのですが、周りの人の記憶に残る場合もあるので頻繁には使えません。

ぼうしにつけたり、かばん、マフラー、コートなどなんにでも使えるブローチ、使いこなせばかなりのおしゃれさんになれますよ。

アイコンTOPへアイコン

 

アンクレット

フォーマルではNGとされているアンクレットですが、夏の足にはおしゃれですよね。

アンクレットは、やはり人を選ぶというか脚を選ぶようです。

まず、カラーですが、足元にアンクレットで暗い色を持ってくるとシックにはならず、むしろ汚らしく感じさせます。

明るめの色を持ってくるようにしましょう。

また、大きかったり太いものも最近は見かけますが、やはりすっきりとしたものを選ぶ方が無難かも。

その付け方ですが、あまり遊びがあるものはだらしなく見え、きついものは付けにくいだけでなく脚に跡がついたりしてあまり良くありません。

最初にテストで付けてみたい時は、ワンポイントの小さなチャームがついているようなものを探してつけると良いと思います。

ちなみに、こういったアクセサリーを買うときはパネライ正規販売店で買う腕時計のように正規販売店で買うと確実です。

recommend

保湿クリーム人気ランキング!口コミでおすすめフェイスクリーム5選

最終更新日:2018/3/28


アイコンTOPへアイコン

 

 

 

topics

アイコン home
アイコン アクセサリーの歴史
アイコン アクセサリーの選び方

アイコン アクセサリーの お手入れ

アイコン スマートフォンアクセサリーの種類

 

 

Copyrightc2008